2015年3月27日金曜日

苦節5年、つ・い・に!満足できる水耕いちごが!

去年の年末に、突如思い立って始めた水耕いちご栽培。

水耕のいちご栽培については、過去に何度もチャレンジしているものの、どんなに手をかけてベストを尽くしたつもりでも、結局プランターなどの土で適当に育てた方がおいしかった!という経験から、素人には手出しできない領域なのか・・・とあきらめる予定でした、 が、昨年、急にやってみようかな と思いつきで再スタートしていたところです。


そんな水耕いちごでしたが、とうとう来ました!
甘い香りが漂っています♪

年末にスタートした頃はひょろ苗だった越後姫の苗ですが、
何度も登場、ひょろ苗時代

暗く寒い雪国でも水槽用LEDライトのみで立派な株に育ってくれました。
1週間前によそ見しながら葉かきを行ったところ、間違って2番花の果実を摘み取ってしまう という悲劇に見舞われたこのいちご苗(ひだりさん)ですが、いよいよ2月の中旬に花が咲いた1番花が収穫の時を迎えたようです。なので摘み取りました。


まずは重量測定
初の19g! 比較するものが写っていないので、大きさはわかりにくいのですが、結構大きい粒です。

先日、既に収穫した親株の果実は
大きくても11gでしたから、見た目には結構大きい感じがします。

この親株の果実、それでも味がよく、
糖度は8.4を記録。糖度が全てではありませんが、市販されている越後姫と同じくらい濃厚でおいしいいちごだったのです。(あっ、糖度計を入手しました☆)


では、このLEDいちごの糖度はどんなくらいあるのでしょうか?ドキドキしながら計測してみます。
いちごは先端が甘い傾向があるので、縦に1/4にカットし、

フォークの背で果実をつぶし、果汁を絞って均一になるように軽く混ぜました。

キター!

結構いい感じなんじゃないの?という予感はありましたが、出ました15越え。しつこいようですが、糖度はあくまでも参考数値でしかありません。でも改めて目で確認するとうれしいんです。

さっそくムスメと試食します。
ムスメいわく、「噛む前から甘いかんじ」 
香りが濃厚で甘みも強い上、カットした断面からあふれる香りでそんな感じがしたようです。
実際、ワタシも試食しましたが、かなり上物が収穫できた感じです。

苦節5年、やっとこのクオリティで収穫することができました。
さらにうれしいのは、ウドンコ、ハダニ、アブラーの防除を一切行うことなく収穫できたこと。
気温が低い時期での栽培でしたので断定はできませんが、もしかしたら、他の水耕栽培作物の管理についてのヒントが隠されているのかも なんて思わなくもない感じです。


以降はランナーを取って、継続的に栽培していく予定ですが、やっと結果が出る水耕栽培ができるようになったかしら? と調子に乗っているところです。


クリックありがとうございます!

2 件のコメント:

  1. イチゴは相変わらず苦手意識だけが残っているのですが、Pandaさんのこの記事を読んでしまうと、ああ、もう一度挑戦してみようかなぁ…なんて魔が差しますね(笑)

    ムスメちゃんの嬉しそうな口元がたまらんです(๑´∀`๑)

    返信削除
    返信
    1. Naomiさま
      いちご、ワタシも自分が水耕で育てたものは市販品にかなわない というところで止まっており諦めていたのですが、今回はうどんこ、ハダニに悩まされる事なく、室内栽培で大成功でした。
      こんなコンパクトなしくみで、寂しい冬のニイガタでも室内で楽しむことが出来たというのはいい発見でした。品種特性との相性もよかったのかもしれません。

      来シーズンは時期をずらし仕様を若干修正してクリスマスいちごに挑戦してみようと思います!

      削除

お返事が遅くてごめんなさい。でもちゃんと見てます。