2014年12月21日日曜日

はくさい・だいこん 雪中の収穫

年末であれこれ忙しいにもかかわらず、
今年は雪が積もるのが早いニイガタです。(例年は年を越してから積もることが多いのです)
日々雪かきに追われ、くたくたです。
仕事が終わった、帰ろう! と思っても、すぐに車に乗れないし・・・


あっ、でも、
今年は事務所職員(?)のコーチンズは寒さにも負けず、元気いっぱいです。



前回の投稿記事でキャベツが大きくならないので収穫できないなんてことを書きましたが、この度の寒波襲来により、残念ながら
強制終了となりました(泣)。白銀の畑、もう何がなんだか・・・

という訳で、降雪がひと段落した先週末は、このかすかな雪の盛り上がりと勘をたよりに、雪の下になってしまった大根と白菜を掘り出すことにしました。


ウネの位置にあたりをつけて、
雪を掘り進めます。降雪後に雨が降ったので現在の積雪は30cmくらい。この辺りかなぁ~?

出た!アタリ!

思いっきりスコップを挿すとマルチが破れて再利用できなくなるし、収穫予定の野菜を傷つけてしまう恐れもあるので慎重に雪をかいていきます。

収穫した大根は雪でこすって泥落とし

こんな調子で雪の畑の中から、
雪の中から生還した野菜たち

とんがりキャベツのみさき、白菜のミニ黄作、源助大根を掘り出しました。

さっそく夕食の鍋物に黄作さんを。
名前の通り、中はキレイな黄色


まだまだ雪の中に埋もれている野菜がたくさんあるのですが、雪が融けたあと、どうなってるのでしょうか?(ダメかなぁ・・・)




クリックありがとうございます!

2014年12月2日火曜日

急げ!キャベツよ!

ちょっとブログ更新をさぼっていましたが、今回はザーサイネタからちょっと休憩して、最近の畑の様子を。

11月になると、途端に天候が悪くなり時雨模様が続く・・・ なーんて年も多いのですが、今年は今のところまだ比較的に穏やかだったニイガタ地方です。今週末あたりから天気予報にゆきだるまが登場しているので、いよいよ厳しい冬に突入しそうです。

毎シーズン、秋冬野菜は苗作りを失敗するのが恒例(?)になっていましたが、今年はなんとか畑の定植までたどり着き、秋冬野菜の苗を買わずに喜んだのもつかの間、

トマトハウスのウネを再利用したアブラナ科

どうもうまく育て切れていません。肥料が足りないのか?効いていないのか?

白菜(ミニ黄作)。播種から45~55日で収穫可の白菜なのにもう倍くらい経過。(播種8/9)
1~1.5kgで収穫する品種らしいので本当はもう収穫時期をとっくに過ぎてる模様。



白菜はまだ巻いているので、積雪前にささっと収穫してしまえばいいのですが、
とんがりキャベツのみさき。テデトールの甲斐もなく穴あき気味。

極早生キャベツの名もむなしく、キャベツみさきはというと、雪が降りそうですよ というのに未だに巻きがふんわりゆる巻き。

さらにさらに、
ブロッコリー緑嶺

カリフラワーオレンジブーケ

紫カリフラワーバイオレットクイン

うちのカリ、ブロさんたちの花蕾はまだ親指の爪ほどなのです。(泣)

ロマネスコに関しては
なぜか葉柄は紫。なんで???

写真に収められる大きさの花蕾すら確認できません。。。

これらのアブラナ科一族、早く大きくなってくれないと、収穫前に雪の下に埋もれてしまう可能性が高いので困っています。秋冬野菜は難しいです。


一方、
なぜか超元気の小松菜

夏の終わりにはアオムシにやられまくっていた小松菜ですが、その後大株になり、1株で市販の1束くらいのボリュームに育ちました。少しずつ収穫しています。

こまつな?

小松菜が大きくなるにつれ、気になってはいた のですが、明らかに小松菜っぽくないナッパが。

どなたかご存知ですか?

どうやら小松菜の種の中に何かの菜っ葉の種が偶然混じったようです。
収穫しようかやめようか、ただいま迷っているところです。





クリックありがとうございます!