2014年7月29日火曜日

ゆうがおの実(ふくべ)を育てて自家製かんぴょうづくり

今シーズンはかんぴょう好きなムスメの熱烈リクエストにより
ゆうがおの実(ふくべ)を栽培していましたが、
どどーん!

ずいぶん大きく育ちました。
ネットが切れそう・・・

まだまだ大きくなりそうだったのですが、これ以上重さが増えると栽培棚が崩壊しそうです。
とりあえず初号機を収穫してみることにしました。


ゆうがおの実の収穫タイミングは直径30cmくらい、6~7kgらしいのですが、今回収穫した初号機は直径20cmくらい、6kgちょっとでした。



いよいよかんぴょう作りです。

採ってきた果実は新鮮なうちにササっと洗って
 3cmくらいの輪切りにします。

中央部のタネ、わたを切り取り
かんぴょうカンナ という小さな皮むきみたいな道具でくるくると実を剥いていきます。
千切れてしまった実をかじってみましたが、苦みは全く感じず、むしろ軽く甘みを感じました。実をかじって苦みを感じるようですと食中毒の原因毒が含まれているようなのですが、これなら大丈夫。


細く長く剥いたゆうがおの実は、プラスチックハンガーにかけて、

現在、ベランダで洗濯物と一緒に乾燥中。乾燥初日の昨日は湿度が低めで天気がよかったのでかんぴょう干し日和でした。

しっかり水分が抜ければ完成ですので、もう1~2日干したら完成しそうです。

ムスメの好物のかんぴょうなのですが、輸入ものはちょっとなぁと思っていましたし、国産のものでも硫黄くん蒸してあるものが多いので、食卓に上る事が少なかったのですが、うまく出来上がったらたくさん使おうと思います。ちなみに無漂白のかんぴょうはもどし汁にも旨味が出て料理に使うことができるのだそうです。楽しみ♪


クリックありがとうございます!

2014年7月21日月曜日

ひさびさの収穫は多品種(でもちょっぴり)

梅雨末期の大雨だったのか、連休中は大雨警報が発令されるほどの雨が続き、心配していたうちの畑。

今日はすごく久しぶりに雨の心配のない1日だったので、猛威をふるっている夏草類の草刈りやら滞っていた収穫の一日でした。

トマト、スイカ、かぼちゃ、パプリカ、とうもろこし、おくら、ごぼう、きゅうり、
アスパラガス、なす、ズッキーニ の総勢11品種(でもそれぞれの量はちょっぴりですが)

すっかり、夏な感じです。


今年はとうもろこしが順調に収穫できていて、
小さめだったものの、いい感じだったんです



本来であればもう少し収穫できていた予定だったのですが・・・

ヤツラにやられた~

あーもったいない

カラスにとうもろこし2ウネをやられました。収穫も終盤にさしかかり、完全に油断していました。
貴重な無農薬とうもろこしですから、せめて食べかけは残さずに食べきってほしいものです。



同じく、カラスに狙われる作物の上位に輝くこちら、スイカ。
袋がけ直後

 最初は保護する玉ねぎ袋にも余裕がありましたが、どんどん大きくなり、
ズッシリ感

 ちょっと収穫には早いかな とは思ったのですが、雨がたくさん降り続けていた為、ぐんぐん吸水して爆発(というかひび割れ)するんじゃないかと心配になり、連休前に1個目を収穫しました。
堂々の風格

小玉スイカらしい、いいサイズではないでしょうか。

うーん、ちょっと早かったかなぁ

収穫前の雨による吸水で味が水っぽくなったのか、収穫時期がちょっと早かったのか、はたまたこういう味のスイカなのか、甘さは十分にあるものの、もうちょっと甘くなりそうだった感じ。

何はともあれ、こちらはカラスから守りきり、無事収穫、食べる事ができたのでした。



クリックありがとうございます!

2014年7月12日土曜日

ぐんぐんウリ科

ちょっと忙しくてブログ更新できない間、大雨だの台風が過ぎていきましたが、ウチの畑は風による被害等はなく、とりあえずひと安心です。
(残念ながら近くの地域に雨による被害はありました・・・お見舞い申し上げます)

雨の合間をぬって、畑にちょこちょこ通っていましたが、やはりトマト(シンディースイート)の1本に青枯れがでていました
発症前にそのトマトの茎の表面がゴツゴツ?していたので心配していましたが、案の定ダメだったようです。
来シーズンは根本的な対策が必要なようです。


現在のうちの畑では
とうもろこしを絶賛収穫中。

昨年は栽培を失敗した為、全く収穫できなかったとうもろこしですが、今年はなんとか台風の被害も受けることなく、収穫にこぎつける事ができました。
無農薬なので虫食いも多いですが、結構キレイなやつも採れています


雨降りだと元気が良くなってくるのが、ウリ科のみなさん。
調子に乗って小玉スイカ(黄)は1株に5つも結実中(←付け過ぎ!)

トマトの雨よけの隅に小玉スイカを空中栽培しているのですが、ここのところの大雨もあって急激に結実した部分が肥大しています。
スイカのつるを絡めたネットがスイカの球の重さで切れないように、玉ねぎネット袋で実を吊り上げ、支柱と結んで重さを分散しました。鳥にも食べられないし一石二鳥。
ただ、これからの大雨は実割れの可能性が高くなってきますから気をつけないといけません。
反対側のウネのゴーヤはホームセンターで売れ残り処分の苗を買ったせいか、
なかなか大きくなってくれません。


ズッキーニも今のところ順調です。
市民農園で栽培していた頃はモザイクウイルスで強制終了に追い込まれる事が多かったズッキーニですが、一応耐性があるっぽいF1品種を育てているからなのか、順調に収穫できています。
今週は雨で受粉ができなかったので、収穫は一旦休憩に入ります。



コチラのウネ、
何だかよくわかんなくなってます

こぼれ種から発芽したコキアの間にツルを伸ばしている・・・そう、かぼちゃです。
冬に買って食べたかぼちゃ(メキシコ産だったかニュージーランド産)がおいしかったので、種をとって苗を作り植えてみたものです。
F1品種でしょうから、美味しいかぼちゃが採れる保証はあまりないのですが、かぼちゃは発芽率もよく、つい種をとって蒔き、育ててみたくなります。

玉ねぎのウネに植えたので取り遅れた玉ねぎがまだ入っています。

受粉がうまくいったらあっという間に

大きくなっていました

このかぼちゃ、一個のかぼちゃから種をとって3つのポットに蒔き、発芽した2つを畑に植えたのですが、1つのポットは発芽した様子が無く、庭に土をあけて片付けてしまったのですが・・・
これで1株!巨大グリーンドーム!
いつの間にやら発芽したかと思うと、ぐんぐんツルを伸ばし、大きなドームを形成しています(汗)
面白がってウチのパパ殿が受粉やら管理をしているようですが、どうやらこの株の実は畑のかぼちゃとは違い白皮のかぼちゃのようです。どちらも美味しいかぼちゃだといいのですが、逆も十分ありえます(笑)


巨大といえば、最近のかんぴょうの株。
小さいうちはまだかわいいかんぴょうの実

葉は大人の顔よりふた周りくらい大きい感じですが、かぼちゃ、きゅうりと比べて葉の毛?が柔らかくて気持ちいい感触なんです。
受粉できない実はすぐに腐ってしまいます
キレイにうどんこが発生・・・

うどんこ病が出ているようですが、それ以上に生育速度が速く、果実?の収穫のタイミングも早いみたいですので、せいぜい葉に草木灰をふりかける程度です(←効果不明)

あら、こんなところに肥大中

受粉しても結実しにくい という前情報だったので、仕事の上がりに慌てて畑に立ち寄り、受粉していましたが、どうやら昆虫類が受粉作業に貢献してくれているようです。なので心置きなく残業できます(^^;)


そうそう、このかんぴょうに日差しを遮られ、迷惑を被ってる白ゴマですが、
ぐんぐん成長中
大きな葉をモリモリ出して元気に成長中。
最近は白い可憐な花を咲かせ始めています。虫害に負けずに頑張ってほしいところです。



クリックありがとうございます!