2014年6月27日金曜日

病気を逃れ生き残った畑トマトの経過

今月初めの熱波により、バタバタと病気でダメになってしまった畑トマト。(→記事

その後、メインの雨よけトマトハウスとは別棟の雨よけハウスで育てていたアロイトマト1本にも青枯れ症状が
みられた為、切除処分としましたが、何とかそれ以上の拡大は今のところ食い止められているようです。

分かりにくいけどアロイは3本植えてある一番奥が青枯れでこの後終了


雨よけハウス(大)の生き残ったシンディスイートは順調。
現在1段目を順次収穫中のシンディ
房どりしたいけど、全部赤くなる頃にはきっと茎が折れちゃうなぁ
ハウス天井に茎が到達しそうなので下葉はどんどん欠き取って、つる下げしていく予定



コストルートジェノベーゼのほうは、
シンディに比べて全てが大きめ

隣接して2本植えたうちの1本は黄化葉巻症状で切除済みのため、スペースが空き、大きく2本仕立てで生育中。



1段目 
2段目 
3段目


早々にたくさん花を咲かせていた1段目は結局1つも結実しないままポロポロと落果し、ひとつの花を残すのみと
なっています。
上段は比較的たくさん結実していますが、この品種は結実した後に花びらが干乾びて落ちないのでしょうか?
結実したほとんどの実のおしり部分に花びらが食い込んでしまい、あまり美しくないです・・・
固定種は個性があるので、葉欠きもシンディのようにどんどん行っていいのか など、アレコレ悩みながら育成中。
まぁ悩むのも楽しいんですけど。



そんな調子のトマト栽培ですが、シンディスイートが一日3~5個ずつ採れるようになってきたので、
一週間分くらいを冷蔵庫に貯めておき、つい先日、今年のドライトマト作りをスタートしました。
これでおよそ1週間分

いいサイズだけれど試食したところ、まだ酸味が強めのシンディさん

切り口に塩、オリーブオイルを塗っておひさま、風に当てます

夕方のゲリラ豪雨に注意

シンディスイートのドライトマトが一番好きなのですが、去年は収穫が少なくてほとんど作る事ができず。
今年はたくさん作りたいのですが、どうなりますことやら。



クリックありがとうございます!

2014年6月24日火曜日

はじめてのかんぴょう栽培

ニイガタでは細長い「ゆうがお」の栽培は行われているようで、真夏になると細長い巨大な実をスーパーなどで
見かけます。
冬瓜のように煮てあんかけ煮にしたり、くじら汁の具にして食べられているようです。
(ワタシは嫁ぎ先で初めて食べました)

これらもとてもおいしいのですが、無類のかんぴょう好きの娘からの熱烈リクエストにより、
今シーズンは初めて丸いゆうがおの実(ふくべ)栽培を行っています。


サカタのタネで「手づくりかんぴょうセット」を注文。
5月の中ごろ、丸かんぴょうの苗が2つと小さなかんぴょうカンナが届きました。

そういえば場所を取るかんぴょう栽培(忘れてました・汗)。
深く考えずトマトの雨よけの隅に植えつけてしまいましたが、つるがどんどん伸びて収拾がつかなくなって
きたので、先日、トマトの雨よけを利用して棚栽培にしてしまいました。

ゴマのウネの一部を覆う感じ。ゴマは大丈夫なんでしょうか?



支柱で棚をつくり、丈夫そうなネットを掛けたうえにつるを這わせます。
もう、何がなんだか・・・


この度ご迷惑をおかけする、白ゴマさん

ちなみにゴマは昨年の育て方が悪く、ほとんど収穫がなかった為、食べずに種としてとっておき、5月下旬に
直蒔きしましたが、あんなに小さなつぶつぶでもかなりの発芽率で、順調に育っています。



そんなゆうがおですが、
夕方になるとかわいらしい白い花が

ゆうがお だけに、夕方花が咲きます。(グリーンカーテンなどで使われるヒルガオ科のヨルガオとは別種)


丸かんぴょうは6~8kgにもなるものもあるらしいので、こんなショボイ棚では到底持ちこたえることが難しいと
思われますが、ウリ科のなかでも初めてのゆうがお栽培。はたして、手づくりかんぴょうを作る事はできるのでしょうか?



クリックありがとうございます!

2014年6月18日水曜日

青枯に黄化葉巻・・・苦戦のトマト

我が家の畑では
ことしも小粒ぞろいな玉ねぎ(泣)
玉ねぎの収穫がほぼ終わりです。
玉ねぎの肥大には窒素を与えるタイミングがとても重要なことがよく分かったシーズンでした。
そんな訳で現在、トマトの雨よけハウス内で乾燥中。



その雨よけハウス内のトマトですが、
???
順調、順調 と思っていたのも束の間、
きゃー!なんてこった!

皆さまご存知の最強、最悪なトマトの病気、青枯病が大玉トマトおどりこに発生したようです(TдT)
6月上旬の急激な気温上昇で元々潜んでいた青枯病の細菌が活性化し、その後吹いた強風によって
株が揺すられ、切れたトマトの根から入った と勝手に予想。

なにはともあれ、
青枯れ症状がでた株は速やかに根ごと抜き取り圃場の外へ というのが、基本なのですが、狭い雨よけ
ハウス内にたくさんトマトを植え込んでいる為、り患した株を抜き取ることで健全な株の根を痛める可能性も
あります。なので青枯れトマト株は地ぎわをカットしました。
確かに茎の周囲が茶色く変色しており、これでは水あげが困難なはず

その直後、同じウネのシンディースイートでも同じ症状が出現した株が1つあり、同じように泣く泣くカット処分しました。


それから数日後、
うすうす感じてはいたのですが、
写真だと分かりにくいけど左右どちらもコストルートジェノベーゼ
明らかに右側の成長が遅く、株も全体的に萎縮しています。

完全にクルクル

新芽の様子を観察していましたが、どんどんクルクル度合いがきつくなっていくので、青枯れ株と同じく地ぎわからの
カット処分を決定。多分コナジラミ類が媒介する黄化葉巻病の症状のようです。トマト産地では重大な被害となって
おり、トマト農家さんが近くにある場合は特に注意が必要なこの病気ですが、なくても被害を拡大させないように
しなければなりません。
早いうちからビタットトルシー(黄色い粘着シート)を装着していましたが、結局この株からは一個も収穫できません
でした。


とはいえ、

シンディスイートがやっと少しずつ収穫出来るようになっています。
病気に負けずガンバレ!


クリックありがとうございます!

2014年6月7日土曜日

プランターメロンの経過

先月の植え付け後(記事)にはさみしかったベランダのメロンプランターですが、
先月はまだスカスカでした~


 今週のメチャクチャな熱波にも耐え、
ようやくいい感じ♪
 それぞれの葉に勢いがでてきました。


とくにレタス、メロンよりデカイ!



レタスにおされ気味のメロン(アンデスメロン)ですが、本葉の枚数が4枚以上になったので、
摘芯です。
ここから既に出てきているわき芽を伸ばし、2本仕立てで育てます。


レタスは左右どちらのプランターのものも収穫時期です。
左プランター

右プランター

ちょっと頂いたりしたレタス在庫がある為、収穫が遅れているレタスですが、味見にちょっとちぎってみたところ、
苦みもなくいい感じです。
畑で育てるとどうしてもナメクジが付いてしまい、よく洗って食べるとはいえ、ちょっと(´ヘ`;)ウーム…
ベランダ栽培はナメック星人の心配も必要なく(たぶん)、また、ほしい時に欠きとって使うことができるので、
大変重宝します。


そんな理由で植えた、イタリアンパセリも
なかなか使えるほど大きくなりませんが・・・

畑からスカウトしてきた青しそも
こちらはそろそろ収穫できそう

メロンの為に寄せ植えした小ねぎもこれから大活躍してもらいます。


クリックありがとうございます!

2014年6月5日木曜日

2014春 畑の様子 その2

引き続き畑の様子です。


いよいよ6月に突入したので、この前の日曜日にさつまいも(べにはるか)のイモヅルを植えましたが、

すでにシオシオ~(泣)

まさかの、ここ数日の熱波であえなく撃沈です。
さつまいものつるは我が家に届いたあと、大きいバケツに軽くしめらせた培養土を入れたものに挿して養生し、
ある程度根が出た状態のものを植えつけましたが、この暑さに太刀打ちできませんでした。
わずかに手元に残っているイモヅルを捕植予定です。


暑さの中でも、
大きくなってきました♪

とうもろこし(ゴールドラッシュ)は元気です。

写真の右側のとうもろこしのウネの中央にはニイガタが誇る枝豆(新小平方茶枝豆)、
左下側の花壇風のとうもろこしエリアにはらっかせい(千葉半立だったかな?)を蒔き、混植状態になっています。
ここからはアワノメイガとの戦いになるとうもろこし、昨年はほとんど収穫できずに終了してしまったので、
今シーズンは大量収穫をめざしたいところです。




今シーズンも、ごぼう、ながいもは塩ビ波板を使った「斜め栽培」で育てています。
去年とはちょっと違う使い方の波板

4月の中旬のこと、
既に植え付けが終わっているそらまめのウネを利用し、そらまめウネの片側に土を寄せてごくゆるーく
ながーい法面を作成、
ごぼうウネの両端は田んぼ用のアゼ波シートを利用

その緩やかな法面に塩ビ波板を敷き並べ、塩ビ波板の上には10~15cm程度、土を被せます。
土を被せた上には乾燥させた雑草やわらを敷き、更にその上に、この畑でも使用している防草シートを被せてピンで留めてできあがり。

せっかくアゼ波シートを打ち込んだので、ごぼうウネの片側でねぎ栽培もやっちゃいます



ごぼうウネ作成、種まきから1ヵ月後、
順調に発芽、生育中

少しずつ間引くとともに、長いものタネイモも植えつけました

うまくいけば、収穫がかなりラクになると思われるこの波板の斜め栽培。
毎年いい所でごぼうがネキリムシにやられてしまうので、今年は注意深く見守っていきます。


クリックありがとうございます!