2013年11月10日日曜日

イタリアンパセリが爆発☆

料理の際にちょこっとあると
ぐーんと味がUP、とっても助かるハーブのひとつ、パセリ。

昨年、苗を購入し、大活躍だったわが家のイタリアンパセリは
二年草の運命で、今シーズン葉をあまりつけることはなく、
花が咲いて終わりになる感じです。

ですので早い時期からイタリアンパセリの種を購入し、せっせと蒔いてみてはいたのですが、
なぜか今シーズン、ちっとも発芽しませんでした(泣)
何が悪かったんだろ???

もしかしたら去年のパセリでも少しは葉をつけてくれるかも?と
期待してみましたが、やっぱり春の終わりには既に茎が伸び始め、
どんどんみずぼらしい姿に。
そのうちに存在すら忘れ去られていました。
夏の終わりの様子。
春に出た子株には葉がちょっと生えていましたが知り合いにあげてしまい、
親株は葉が生える事も無く、ほぼ枯れかけた茎の先に花らしきものが咲いたあと、
種らしきものができています。
存在すら忘れ、放置していた野良鉢(?)のため、
100円ショップのプランターごと割れてヒドイあり様(汗)

鉢ごと廃棄しようかとも思ったのですが、
せっかく種らしきものができているので、この種を取ってみました。
とりあえず採取してみたものの、
放置していた鉢から取れた種ですから、ぜーんぜん期待していません。
なにせ、今シーズンは購入種をあれだけ頑張って蒔いたのに
ちっとも芽がでなかったイタリアンパセリなのですから。(←しつこいけどそれだけショックだった!)

ということで、
小さな浅めの駄温鉢に適当に培養土を入れて、この種を全部蒔きました。


1ヵ月後。
ぐふっ、、、
ほとんど発芽してる。。。

ガックリということは全然ない(むしろうれしい)のですが、
ワタシが今年せっせと蒔いたイタリアンパセリの種は何だったんでしょう???
よりにもよって小さな鉢に蒔いたのに驚異の発芽率です。


そして現在、
本葉が発生し、過密な為、徒長し、雨にぬれて爆発気味です。

間引くならもう最後のチャンスです。
それにしても大量すぎてなんだかな~という感じです。




クリックありがとうございます!

2013年11月8日金曜日

30cm角の畑

タキイネット通販(http://shop.takii.co.jp/shop/
のページで紹介されていた「小カブのトレイ栽培

このくらいの土の量でいけるなら
手軽にベランダで栽培できるかも・・・土って結構重いし・・・
なーんて感じで、
9月の初めにアブラナ科の種を蒔きました。

白菜育苗の時に購入したセルトレイは約30cm角。
4列×4段の16穴なので、一区画当たりはセルトレイにしては割と大きめですが、
もう一段下に土を入れたトレイを用意し、少しでも根が伸ばせるように
してみました。(まぁ、気休め程度ですけど)
ですので、下段のトレイの土も含めるとかなり保水力は高めかも。

タキイのサイトで紹介されていたように、小かぶが生え揃うのも
かっこいいかなぁと思ったのですが、
一斉に収穫時期になってしまうでしょうから、それなら と

水色→小かぶ、黄色→ルッコラ、ピンク→小松菜、真ん中→水菜 って感じに
なっています。


種まき後1ヶ月経過

雨がかかりにくいので、一時ハダニが発生しましたが、間引きしつつ、
ハッカ水をスプレーしていたところ、被害はあまり拡大せず一安心。
間引いた葉はウズラくん達が喜んで消費します。


そしておとといの様子。
もう2週間くらいで収穫できるかも です。




クリックありがとうございます!

2013年11月3日日曜日

ながいも「げんこつ次郎」の収穫

秋になってすっかり収穫できる野菜の種類、量が減り、
ブログの更新も減り気味です。

秋冬野菜は
雪が降ると畑に行くのがおっくうになってしまうので
今シーズンはプランター栽培が多めです。
そちらは後日。



春に植えた、初挑戦のながいも。
夏の終わりには沢山のむかごがついて、
むかごごはん を楽しむことができました。

掘りあげる前のながいも。
4ヶ所に植え付け、支柱も4本立てたのに
なぜか1本の支柱に集中して蔓を伸ばしちゃっています(笑)

黄色い葉が目立ち始めましたが、まだ落葉するほど枯れていません。
葉も茎も枯れ上がってから掘り出したいのですが、
これからの季節のニイガタは冷たい雨の季節に突入する為、
ちょっと早いですが掘り出すことにしました。



もともとわが家のこの畑は田んぼからの転換畑なこともあり、
あまり畑作には向いていない重い粘土がメイン。
ながいもやごぼうなど、地中深くに根を伸ばす野菜の栽培を
普通に行うと、掘り出すことが非常に困難になってしまうため、
今シーズンは下記のようにやってみることにしました。

今回、このながいも、ごぼうを植えるにあたって
春にうねを作る際に
上写真の緑色に着色した部分に、塩ビ波板を挟み込み、うね立てをしてみます。

黒マルチを貼った後。

緑の丸のところに ながいも を植え付けて支柱を立て、
ピンク色のラインの所にごぼうの種を蒔きました。



夏にはごぼうが立派に育ち、大型コンテナで栽培した時よりも沢山、
柔らかくおいしいごぼうを収穫することができました。
うっかりしていてこのごぼうの収穫写真は撮り忘れてしまっています。


そして今回のながいもの収穫。

うねの土を取り除き、掘り進めると
塩ビ板に沿ってながいもを発見。



 この「げんこつ次郎」というながいもはあまり長くならない品種なので、
30cmくらいになると新しい芋ができるようです。
塩ビ板とこのいもの特徴で掘るのはとても簡単でしたが、
排水があまりよくなかったからなのか、
さつまいもでも被害が大きかったおけらの穴らしきものが開いています。

特に未熟な堆肥が入っているとも思えないので、
このオケラ被害は来シーズンの課題です。

ともあれ、初めてのながいも栽培はまずまずの出来でした。


クリックありがとうございます!