2013年10月24日木曜日

空き容器でスコップ(土すくい)を作ってみる

プランターやポリポット、セルトレイに土を入れる際、
専用のスコップ(土入れっていうの?土すくい?)があれば
便利よね~と思っていたものの、持っていなかったワタシ。

普通の移植ごては持っているのですが、それだと土がちょっとしかすくえないので、
たくさん土が入るスコップがあると便利かも です。

というわけで、
普段はゴミとして捨てるプラ容器で土をすくう
スコップを作ってみます。

ウチで出た空き容器はキュキュットのオレンジ色のボトル。(右)
1400だか1500ml入りの取っ手付き容器です。
この取っ手付きが大事。(たぶん)
フタも捨てずに装着したままで使います。

まず底に穴を開けたら、こじ開けるようにハサミを入れてチョキチョキ。


形を整えつつ、チョキチョキ。

もうちょっと上部をカットしてもいいかなぁ。

更に微調整しつつ、使用感を確認して終了、完成。

もしかしたら既にあちこちで紹介されているかも なのですが、
これが結構チープなわりに使いやすいので
しょうゆなどの調味料や油などの取っ手付きペットボトルがあれば
1コ作っておいてあると便利です。




クリックありがとうございます!

2013年10月23日水曜日

越後姫いちご、まさかの収穫 で、食べる

しばらくブログ更新を怠けていましたが、最近では畑で
玉ねぎを植えたり、いも類など根菜類の収穫をしています。

* * * * *

昨年、水耕(養液土耕)で室内栽培していた
越後姫いちごでしたが、ハダニ、アブラーの勢力に負け、
この春から夏にかけてはベランダで管理という名の放置を
していたら花が咲いちゃった、と以前のブログで報告しました。


そうそう、この花。


この季節なので、本来であれば摘み取るのですが
枯れてもいいやー と放置していた株だったので、引き続き放置したらどうなる?と
そのままにしていました。
水遣りも天気まかせなので、ハダニの餌食になっちゃうのでは?など
思っておりました。


1ヶ月後。

実が赤くなりました!
とても小さいですが普通に食べられるサイズではあります。


というわけで7gのミニサイズ。

さすがに香りはピーク時の越後姫にはかないませんでしたが、
甘さも十分のおいしいイチゴなのでした。

今回はフライングで収穫となりましたが、
いよいよイチゴの栽培シーズンが始まります。


クリックありがとうございます!

2013年10月1日火曜日

水菜を室内窓際で栽培中

現在、夏の終わりに種まきし、室内栽培している水菜があります。
8月末にセルトレイに種をまき、だいたい2週間後にポットに植え替えました(写真左)。
ポット といっても、花粉症の時期だけお世話になるサプリメントが
入っていた小さく真っ白なボトル。
日の光を通しにくいみたいだったので、苗ポットにいいかなぁ と。
ボトルの底に少しハイドロボールをいれ、若干の培養土を詰め、
セルトレイ苗を植えつけてあります。
底に穴は開いていないので水のやりすぎに注意しないといけません。


植え付けの時はこんなにひょろひょろな苗でしたが、

さらに2週間経った現在、かなり勢いが出てきました。

秋の日差しを浴びて、どんどん新芽が伸びてきています。
植え付け当初、ぽつぽつ見かけられたハダニ被害も
せっせとハッカ水をスプレーしているせいか、みられません。(←これは関係ないかも)

こんな小さなサプリボトルで
どこまで大きくすることができるでしょうか? めざせ大株!


クリックありがとうございます!