2015年11月3日火曜日

祝 にわとり小屋竣工記念!Web内覧会

我が家にはにわとり女子が6羽(名古屋種3羽、ボリスブラウン3羽)います。
住宅地でにわとりを飼育されている方があまりいらっしゃらないこともあり、飼育に関することはネットに頼る事が多いのですが、外国のサイトを眺めていると出てくるでてくる、かわいいにわとり小屋の数々。
写真共有サイト Pinterest で「chicken coop」「hen house」などと検索すると、さまざまなアイデアやデザインがアップされており、あちらではDIYで製作できるキット類もたくさん販売されているようです。そんなサイトをあれこれ見ているうちに我が家にもかわいいにわとり小屋を設置できないかしら?と思うようになっていました。

そんな中、今年の春、ついに念願のインパクトドライバーを購入します。
汚くなるのがわかってるのに女子らしく白をチョイス(笑)

普通の充電式電動ドライバーは持っていたのですが、使いたいときにすぐ使いたいワタシにはコードありタイプがいいようで、頼りになるにパワフルな相棒を願っていた訳です。

この相棒とともに夏より週末を使ってキュートなにわとり小屋を目指し、
ちまちまと小屋製作を行っていたのですが、この度、めでたく完成し・・・ つつあります。
当初の計画ならとっくに作業完了しているところなのですが、やはり素人作業の休日工務店、この時期でも完全に完成とはなりませんでした。とはいえ、やっと形になってきたので、一応竣工ということにして、この度Web内覧会(?)を開催します。



今回作った小屋はこんな感じになりました。
小屋の大きさはおよそ1200×2700。既存のにわとり小屋をばらして改造したかったのですが、構造上ばらすことができなかった為、すっぽり既存の小屋を覆う大きめな小屋にしてみました。

2×4材で柱、小屋組みを作り、倉庫等ではなく軽微なにわとり小屋なのであえて野地板(屋根の下地の板)は貼らずに垂木にとめた桟木に直接屋根材(オンデュリンクラッシックシート)を貼ってあります。
外壁も本来建物ならタイベック等の透湿防水シートを貼って胴縁材をとめるのですが、そもそも防水の意味がなさそうな壁面な上、材料を揃えるのが面倒で省略。OSB合板の上に杉板を鎧貼りしてみました。
杉板は水性ペイントで赤く塗装。建具類や枠は白く塗装すると早々に決めたのですが、外壁色はブルーグレーにするか赤にするか悩みました。結局、冬場はモノクロの世界が広がる期間が続き、気も沈みがちになるなぁなんてことを思い、あえて派手めな赤にすることにしました。
冬場の西風を防ぐ為(日本海側の冬は西風が強いんです)壁を貼るのは西側1面のみ。建具がはまっている所以外の壁部分には亀甲金網をタッカーでとめてあります。この金網を貼るとがぜん飼育小屋感がアップしてきます。

東側(写真の右側)外壁の杉板はこれから貼る予定。なかなか作業が進んでいません


外壁がまだ貼り終わっていない小屋の東側には
小屋内に出入りできるドアを設置。100円ショップでワイヤーメッシュを2枚購入し、その大きさに合せて枠を組み、残りの腰板部分はプラダンシートを挟んでドアっぽくしてみました。

さらにその隣には、エサ入れと雨水タンクを設置。
もともと大昔に製作したゴミ箱を利用した雨水タンクですが、3.11以降は全く使用せず放置してありました。一時は刻んで廃棄しようか と思ったのですが、もったいないし平滑なプラスチック製なのでよく擦って内部を水洗いし再利用しています。現在は小屋の北側(住宅側)の雨どいの水だけを溜めていますが、最終的にはこの小屋の屋根からの雨水は一旦このタンクに溜め、オーバーフローした分は住宅の雨どいに落とす予定です。


白い箱みたいなものはえさ入れ。
この形、見覚えが?
住宅用のプラスチックポストが使用条件が近いかも と思い、大きさもちょうどいい感じで安価だったので採用することにしました。
上部、側面どちらからでもエサの投入が可能♪
ポストの裏の下側を欠きとって穴をあけ、小屋の壁も同じ位置に穴を開けます。ポストは壁面に打ち付けてある釘などに引っかけるタイプなので、汚れたら取り外して水洗いできます。

小屋内部からはこんな感じ。にわとりが首をつっこんで箱の中のえさをつつく事ができる感じになっています。
エサ入れ容器にエサを入れて置いておくとひっくり返したり、えさ入れの上に乗っかって汚したり、フンをしたり とエサのロスや手間が多かったので、地味ですがシンプルで満足しています。

ちなみに飲み水入れは
小屋上部から下げたチェーンに、通販で取り寄せた小さな水のみ専用カップを取り付けたパパさん作のバケツを吊り下げてあります。カップ内部の黄色いべろをくちばしでツンツンつつくと水がちょろちょろと出てくる仕組み。ずっと使っていて不便はないので引き続きこの小屋で使用しています。



小屋の内部は既存の小屋を入れたこともあり、巣箱を増設した他には特に何もありません。
この日は小屋の敷材にしているモミガラを追加して入れてあげたので、先住者のお姉さんたちは喜んで砂浴びならぬもみ浴びをしています。
なかなかお姉さんたちと折り合いが悪く、もみ浴びに参加させてもらえない妹さん方。
奥に見えるのは今回増設した巣箱。巣箱天井はビスなどで固定せず、合板をフタのように被せていますが、この日は天気がよかったので取り外しています。

巣箱の清掃や天井の取り外しが行いやすいように、巣箱の外側は窓、ドアにして開放できるようにしました。

窓はアクリル板を杉材で挟んでそれっぽく作成。すべり出し窓風にしたかったので、あおり止め金物で開いたまま固定できるようにしました。
小屋内側は開口部より少し大きめな使い古しのワイヤーメッシュを上部のみヒートンで引っかけて、窓が開いたままでもにわとりが逃走しないようにしました。

ドアは合板に塗装した縁をつけて、プラダンを挟んだだけのもの。プラダンは傷んだらその部分だけ補修できますし切断はカッターでラクラク。また最初から色もついているし安いので今回の製作で大活躍しています。

巣箱内部は取り外せるとまり木だけ取り付けて、汚れてもいいように床にすることにした苗箱がぴったりはまるようにしました。とりあえず3羽くらい乗っても大丈夫です。



外壁の両端に見切り材を取り付ける予定なのですが、まだ取り付けていませんのでちょっと見た目が悪いです。
飛び出した部分は巣箱の奥の部分。なぜかにわとりは塞がっているところで卵を産む習性があるようで、既存のにわとり小屋にも飛び出した産卵スペースがありました。この産卵スペースを覆い、さらに増設する感じで新しい小屋にも産卵スペースを作りました。写真はないですが、屋根が取り外し可能です。


仕上げにソーラータイプの吊り下げガーデンライトを取り付けてみました。
フル充電でも全然明るくないです(笑)
ですが、内部はろうそくをモチーフにしたライトでしたので、ランプのイメージだと思えばまぁいいでしょう。充電池はどのくらい持つのでしょうか?あくまでも飾りということで。


こんな感じで我が家のにわとり小屋は完成しました。後の作業は外も寒くなってきたので、気が向いたときにちょっとずつ進めて行こうと思っています。




クリックありがとうございます!

2015年10月3日土曜日

めざせ!収穫できる庭!

今年は春からバタバタしていたにもかかわらず、どうしても今年中に何とかしたい事がありました。

それは、庭の再構築。
作り直す!というほど広い場所でもなく、道路と家までのわずかなスペースしかないのですが、10年ほど前の水害で、それまでコツコツと作ってきた庭がヒドイ状態になって以来、気持ちもお金もなく、気がつけばプランターの残土置き場になっていました。。。
残土置き場兼ニワトリの遊び場

とはいえ、道路から玄関までのスペースですから、道路からは丸見え、雨が降ればドロドロ、夏は草がボーボーで恥ずかしながらそれはそれはひどい状態だった訳です。

そろそろ、なんとかしなきゃ。。。と。

さらに、ペットとして飼っている名古屋種ニワトリ(コーチンズ)3羽のほかに、今年、新メンバーをスカウトすることになり、
ぶどう棚の柱がおかしいのは撤去中の写真のため

既存の小屋では手狭 という問題が発生しました。(というか、普通は順番が逆だろ!というツッコミはさておき)

という訳でちょっとお金と時間をかけて庭を作り直そう と、重い腰を上げた訳です。
とはいえ、お金をかける といっても、造園業者さんにお願いするような余裕はありません。設計、施工は「Panda工務店」が請け負う事になります。予算はカツカツ、技術は未熟(というか素人)、竣工はいつになるやら という感じのウィークエンド工務店です。


(夏のはじめ)
調子に乗って植えすぎな花壇

ちょっと背が高い花壇(レイズドベッド)ってカッコいい感じ! と勝手に妄想し、作った花壇の化粧ブロック積みは高めの60センチ。ただ積んだだけで、モルタルで止まっていない(!)ので、積雪で崩壊する可能性大ですが、それはその時に考えましょう。
そんな花壇を2つ並べて作り、お互いのあいだにきゅうり支柱で超かんたんにこしらえたアーチを差し込みます。
ドロドロでボーボーになってしまうことを予防する為、花壇周りは既にボーボーになりかけた雑草を抜き、防草シートを敷きこんで化粧砂利を入れました。


もうこの季節、本来なら収穫が始まっていてもおかしくないのに、我が家で苗として眠らせていたありとあらゆるトマトの苗を これでもか と植え込みました(笑)。更に、盛夏に強烈な日射を遮るように、これまた眠らせていたかぼちゃ苗も植え込みます。
わずかに残った空きスペースにはいろんなレタスの苗を。(これも眠っていた。。。というかどんだけ種蒔いたの?っていう話です)

狭いスペースにこれでもかとトマト

レタスはあっという間に食べごろを通過

トマトがすくすくと育って、トマトアーチになるかしら?なんて夢見ていたのです。



(夏の盛り)

日除けになればいいなぁ と植え込んだかぼちゃが幅を利かせすぎ、トマトのスペースを侵してきました。彼らは切っても切ってもわき芽を伸ばし、勢力を拡大してきます。
トマトアーチの予定が、これじゃかぼちゃアーチになりつつあります。これはちょっとトマトがピンチですので、急遽アーチを二重にして、外側のアーチはかぼちゃ、内側のアーチはトマトと分けてみます。
もう、何がなんだか

かぼちゃも小さい品種にすればよかったのですが、頂いたバターナッツの種がたくさん芽を出し、ついつい植えた3株。。。(後日判明するのですが、バターナッツではなく緑で鹿ケ谷かぼちゃみたいなかぼちゃができました?)


(秋のはじめ)
少しはすっきりしたか?

夏の間、ブイブイ言わせていたかぼちゃは2個収穫した段階で思い切って全て撤去し、こんどこそトマト!なんて思っていたら、急激に日差しが強くなったのか、根が伸びることができなかったのか、幾つかのトマト苗が枯れて脱落しています。もともと植えすぎなので、適正な本数ではあるのですが、何だか残念。

Panda工務店が施工中の庭造りは引き続きだらだらと続いており、
早くしないと冬がきそう

先日、やーっとにわとり小屋の屋根を貼り、なんとなく小屋っぽくなってきました。この小屋を含めて引き続きのんびり施工中。
そろそろペースをあげないと雪の季節になってしまいますので、がんばります!



クリックありがとうございます!

2015年10月1日木曜日

シーズン終了なのにブログ再開です(笑)

ちょっとブログをお休みするつもりが、
あれよあれよという間にもう10月になってしまいました。
とりあえず収穫できました この件はまた後日

生活パターンが少し変わり、時間のやりくりがなかなか上手くできませんでしたが
やっとすこしずつ慣れてきたので、またぽつりぽつりをブログを再開しようかと
思っています。

よろしかったら、またお付き合いくださいませ♪


クリックありがとうございます!

2015年4月23日木曜日

もうしばらくおまちくださいませ

春です。
やりたい作業がいっぱいあるのに、転職したせいでいっぱいいっぱいです(汗)

でも、ありがたいことに、
マッシュルーム も

スーパーで購入したセリ を再生栽培したもの も
もりもり収穫できております。感謝!

記事はもうちょっとしたら更新します。。。



クリックありがとうございます!

2015年3月27日金曜日

苦節5年、つ・い・に!満足できる水耕いちごが!

去年の年末に、突如思い立って始めた水耕いちご栽培。

水耕のいちご栽培については、過去に何度もチャレンジしているものの、どんなに手をかけてベストを尽くしたつもりでも、結局プランターなどの土で適当に育てた方がおいしかった!という経験から、素人には手出しできない領域なのか・・・とあきらめる予定でした、 が、昨年、急にやってみようかな と思いつきで再スタートしていたところです。


そんな水耕いちごでしたが、とうとう来ました!
甘い香りが漂っています♪

年末にスタートした頃はひょろ苗だった越後姫の苗ですが、
何度も登場、ひょろ苗時代

暗く寒い雪国でも水槽用LEDライトのみで立派な株に育ってくれました。
1週間前によそ見しながら葉かきを行ったところ、間違って2番花の果実を摘み取ってしまう という悲劇に見舞われたこのいちご苗(ひだりさん)ですが、いよいよ2月の中旬に花が咲いた1番花が収穫の時を迎えたようです。なので摘み取りました。


まずは重量測定
初の19g! 比較するものが写っていないので、大きさはわかりにくいのですが、結構大きい粒です。

先日、既に収穫した親株の果実は
大きくても11gでしたから、見た目には結構大きい感じがします。

この親株の果実、それでも味がよく、
糖度は8.4を記録。糖度が全てではありませんが、市販されている越後姫と同じくらい濃厚でおいしいいちごだったのです。(あっ、糖度計を入手しました☆)


では、このLEDいちごの糖度はどんなくらいあるのでしょうか?ドキドキしながら計測してみます。
いちごは先端が甘い傾向があるので、縦に1/4にカットし、

フォークの背で果実をつぶし、果汁を絞って均一になるように軽く混ぜました。

キター!

結構いい感じなんじゃないの?という予感はありましたが、出ました15越え。しつこいようですが、糖度はあくまでも参考数値でしかありません。でも改めて目で確認するとうれしいんです。

さっそくムスメと試食します。
ムスメいわく、「噛む前から甘いかんじ」 
香りが濃厚で甘みも強い上、カットした断面からあふれる香りでそんな感じがしたようです。
実際、ワタシも試食しましたが、かなり上物が収穫できた感じです。

苦節5年、やっとこのクオリティで収穫することができました。
さらにうれしいのは、ウドンコ、ハダニ、アブラーの防除を一切行うことなく収穫できたこと。
気温が低い時期での栽培でしたので断定はできませんが、もしかしたら、他の水耕栽培作物の管理についてのヒントが隠されているのかも なんて思わなくもない感じです。


以降はランナーを取って、継続的に栽培していく予定ですが、やっと結果が出る水耕栽培ができるようになったかしら? と調子に乗っているところです。


クリックありがとうございます!